八田町の県営屠殺場/浜田水産の悪臭について
問題の内容:県営屠殺場と水産加工会社の悪臭が周辺に漂い、住民が迷惑している。近くには、大きな老人ホームが2箇所ある。問題を改善する手立てはないのだろうか。(相談を受けたが、現場での確認はしていない!)
金沢市環境保全課
悪臭規制担当 御中

金沢市の悪臭公害の規制に関する一般事項等について教えてください。
1.「悪臭規制のしおり」をいただきましたが、この規制は、悪臭防止法によっているようですが、金沢市の悪臭防止条例はあるのでしょうか。
2.市長が指定した「規制地域」は、都市計画の用途地域がベースで、B地域は「工業地域」「平地の調整区域」、A地域はそれ以外ということですが、この分け方は、他の都市でも同じなのでしょうか。「工業地域」は一般住民が居住していないと考え、被害が無いとするのは妥当と思うのですが、調整区域には一般住民の居住も考えられるのですが、問題はないのでしょうか。
3.「工場等の敷地境界線における規制基準」、「工場等の煙突その他の気体排出口における規制基準」、「工場等から敷地外に排出される排出水における規制基準」の規制項目、規制値は、金沢市独自のものですか、あるいは国などの基準に準拠しているのですか。
4.工場あるいは事業場は、上記の臭気を計測する義務づけはありますか。
5.金沢市では各工場あるいは事業場から発生する臭気の計測をしていますか。定期的な計測を行っていますか。
6.金沢市で計測したデータは公表されていますか。どこで調達できるのですか。
7.法第8条で「改善勧告」「改善命令」できるようになっていますが、金沢市内で適用された例はありますか。
8.具体的には、八田町の県営屠殺場とH水産加工場からの臭気が周辺の住民に影響を及ぼしているという問題ですが、金沢市あるいは石川県では臭気の計測をしているのでしょうか、あるいは計測をしたことがあるのでしょうか。あるとすれば、データを見ることはできるのでしょうか。

まず、金沢市の担当課へ悪臭の規制についてmailで問い合わせをした。内容は以下の通り。
【回答】2002.2.23記
2月22日、金沢市環境保全課 環境指導担当の伊勢氏よりメイルで返答をいただきました。内容は以下のとおりです。
1.金沢市の悪臭防止条例はありません。なお、金沢市環境保全条例第29条第2項において、  悪臭に係る特定施設の設置について、又、同条例第27条第1項において、悪臭物質の量に  ついての条文がありますが、特定施設、並びに規制基準は現在のところ設定しておりません。

2.悪臭防止法第3条「都道府県知事(中核市にあっては市長)は、住民の生活環境を保全する  ため悪臭を防止する必要があると認める住居が集合している地域その他の地域を、工場その  他の事業場(以下単に「事業場」という。)における事業活動に伴って発生する悪臭原因物  (特定悪臭物質を含む気体又は水その他の悪臭の原因となる気体又は水をいう。以下同じ。)  の排出(漏出を含む。以下同じ。)を規制する地域(以下「規制地域」という。)として指  定しなければならない。」と定められ、環境省の技術的助言で(悪臭防止法の施行について  (昭和47年環大特第31号環境事務次官通知))第4(2)「工業専用地域については、  その特殊性にかんがみ、規制地域に指定しないこととするが、当該地域内の事業場からの悪  臭により当該地域外の規制地域内の住民の生活環境がそこなわれていると認められる場合に  ついては、所要の区域を規制地域として指定するものとすること。」第5(3)「敷地境界  線における規制基準は、規制地域について、その自然的、社会的条件を考慮して、必要に応  じ、当該地域を区分し、定めなければならないものとされているが、当該地域を区分する必  要があるおもな場合としては、当該地域のうちに主として工業の用に供されている地域その  他悪臭に対する順応の見られる地域がある場合が該当すること。このような地域については、  その土地利用の実態等に応じて、下表の区分に従って区分し、規制基準は、それぞれに対応  する下表の範囲内で定めるものとすること。ただし、主として工業の用に供されている地域  その他悪臭に対する順応の見られる地域内に存する事業場からの悪臭により他の規制地域内  の住民の生活環境がそこなわれていると認められる場合については、所要の区域を当該他の  規制地域に係る規制基準を適用すべき地域として指定するものとすること。」

│地 域 の 区 分 │規制基準の範囲 │
│ 主として工業の用に供されている地域その他 │ 臭気強度 3.0〜3.5 │
│ 悪臭に対する順応の見られる地域 │ │
│ 上記以外の地域 │ 臭気強度 2.5〜3.0 │
  
  と示されています。
   このことをふまえ、金沢市では、B地域(臭気強度3.0)は工業地域・市街化調整区域  のうち平地部、A地域(臭気強度2.5)はそれ以外の地域を指定しております。なお、工  業専用地域及び山間部は指定地域から除いております。
   石川県内では、野々市町・内灘町がA・B地域を指定しておりますが、それ以外の市町村  は住居が集合している地域をB地域に指定しており、A地域の指定はありません。

3.悪臭防止法による規制基準です。

4.測定義務はありません。

5.悪臭を発生する恐れのある事業場において、@工場等の敷地境界線、A工場等の煙突その他  の気体排出口、B工場等から敷地外に排出される排出水について、年間約10事業場につい  て立入検査を実施しております。その他、苦情等による立入検査も実施しております。

6.公表しておりません。データを入手するには、情報公開制度を御利用下さい。なお、窓口は  市政参画課になっております。

7.昭和62年、63年に1事業所に対し、「改善勧告」を適用した例があります。

8.過去に周辺地域から苦情があった事業場であり、立入検査を実施しております。なお、H水  産加工場は、浜田水産加工場のことでしたら平成8年から休業しております。データを入手  するには、情報公開制度を御利用下さい。
【行政情報公開請求】 
【問い合わせ】
平成14年2月25日、金沢市長に対して、「八田町石川県屠殺場の悪臭に関しての立ち入り調査結果および臭気計測データについて過去すべての文書」の写しの交付を請求しました。
【行政情報公開決定通知書の受領】
平成14年3月6日付けで「行政情報公開決定通知書」および「(社)石川県金沢食肉公社の悪臭物質測定結果一覧」を受領した。
【受領したデータに基づいて環境保全課へ問い合わせ】
環境保全課 澤田担当課長様

2月25日請求の「八田町石川県屠殺場の悪臭に関する立ち入り調査
結果および臭気計測データについての過去すべての文書」につい
て、平成14年3月6日付けの「行政情報公開決定通知書」および
「(社)石川県金沢食肉公社の悪臭物質測定結果一覧」の写しを1
枚を受領しました。ありがとうございました。
つきましては、この件に関していくつか、教えていただきたいので
メイルいたします。

1.測定の条件(風の強さ、風の向き、天候、気温など)、採取時
刻、採取場所の記録はないのでしょうか、あれば教えてください。
2.採取日はどういう理由で決めるのですか。7,8月は気温も高
く、腐敗しやすく、悪臭が出やすいと思いますが、このような時に
計測しないのですか。
3.「工場等の敷地境界」のデータのH11.9.27の調査結果では、メ
チルメルカプタンが規制値をオーバーしています。この時の臭気強
度はいくらになるのでしょうか。
4.この規制値違反に対する、市当局の対応あるいは処置を教えて
ください。
5.市当局の処置に対する(社)石川県金沢食肉公社の対応とその
結果を教えてください。
6.< の印は測定限界以下と判断して良いのでしょうか。
7.<の印がないのは、アンモニア、メチルメルカプタン、アセト
アルデヒド、プロピオンアルデヒド、ノルマル酪酸などですが、発
生原因と発生場所を簡単に教えていただけないでしょうか。
8.「工場等の煙突その他の気体排出口」のデータを見ると、規制
基準と実際のデータが極端に異なっていますが、これは焼却炉の性
能が良すぎるのか、わずかしか燃やしていないのか、などいろいろ
の理由が考えられますが、理由がわかりますでしょうか。これほど
の数値であると、計らなくてもわかるような気がしますが、なぜ、
H12.9.6に計ったのですか。
9.「工場等から敷地外へ排出される排出水」のデータは、すべて
 < ですが、どのような状態で採取したのでしょうか(施設の稼
働、採取時刻、採取位置、廃水処理施設の排出口?など)。
10.今までの住民の苦情について、各年の頻度、その内容を知る
ことができるでしょうか。
以上、よろしく、お願いします。
平成14年3月14日
**********************************************************
中 技術士事務所【水道部門】
中 登史紀
〒921-8116金沢市泉野出町4-1-16 野村ビル
TEL/FAX : 076-245-3069
E-MAIL : nakaco@spacelan.ne.jp
URL : http://www.nakaco.com
**********************************************************
年にわずか2回の調査である。風の方向や強さなどによって数値に大きな影響がある。実際に住民が臭気で不快を感じても実際の数値として確認しがたいことが多い。すべのデータが規制値以下と思いきや、大きく規制値を超えていた項目があった。法律違反!である。年2回の検査で違反があるということは、年間を通してかなり、違反している可能性がある。
メールで疑問を問い合わせることにした。平成14年3月14日、環境保全課の担当課長宛にE-mailを送った。内容は以下のとおりである。
【市からの返答】
3月25日受領。
つぎへ