O市H区の行政事務の不公平の疑い!
【Aさんからのメイル:H16.4.10】
 O市は多額の赤字を抱え、税収も落ち込んでいる。財政非常事態宣言をした。財政局は、各区役所に檄を飛ばし、市税滞納者に厳しく対応するように指導をしている。
 その一環として、滞納者の財産の差押を具体的な件数を設定してノルマとした。
 事の是非は置いといて、現場の職員は必死になって仕事を遂行した。その結果 H区役所においても、一定の成果をあげた。滞納者からの苦情や抗議に晒されながらも、仕事は仕事としてがんばり、差押の解除については、納税計画を示させ一定の納付を促し、別の担保を取るなどして対応している。
 しかし、あるケ−スでは、差し押さえられた滞納者が地域の連合町会長を引きつれて、区に乗り込み区長と税務課長に抗議に来た。するとどうであろう、ものの数十分も話したかと思うと、差し押さえを無条件であっさり解除してしまった。
 こんな理不尽なことが許されても良いのか。今は差し押さえの是非論はおいておこう。無条件で解除した後は、5年経ったら時効になって債務は実質免除である。その間に、不動産なら売却してしまえば、現実問題として納税にはならない。
 他の差し押さえを受けた滞納者は、それこそ正直者はバカを見ているのである。不況で苦しんでいるなかで、納税計画にそって納付し続けているのである。
 公務の公平・平等の原則は、一地域ボスの一言で敢え無く踏みにじられているのである。貴重な税金で給料をもらっている公務員が、貴重な税金を使って滞納者に納付や処分をしているのである。それを、区長も区長なら、税務課長も「税」に対する、責任感も重要性も持っていない。そればかりか、行政責任者としての認識すらない。もともと役所はどの区でも多かれ少なかれ、そんなことがまかり通っているところであるが、H区役所の腐敗は目に余るものがある。この不正・この区民に対する裏切り行為を断固糾弾してください。
(転載者注:事実の確認ができていませんので、市、区の名称は仮名としました。)


当方の返答:H16.4.10
 こんにちは
 もし、不公平が行われているとしたら、問題ですね。
 当方には、具体的な事実かどうか、確認するすべがありませんので、
 行政を追求することはできないと思います。
 いずれにしても、行政は監視していないと、政治的な圧力に屈してゆがめられがちです。
 当方でできることは、「監視しているから、変なことをしたら追求するぞ」とのメッセージを送ることです。
 ホームページで公開します。
 アンコウ


Aさんからのメイル:H16.4.12
  お取り上げ頂、御礼申し上げます。
  O市の各区役所の中でもH区はもともと地域ボスとの癒着が著しいところで、人事すら左右されます。
  しかも、地域ボスとのやり取りや、組合幹部との馴れ合い、仕事をする者は阻害されると言ったことは、なかなか表に現すのは困難です。

 (省略)
  今回は、お返事を頂いただけで、胸の支えが少し楽になりました。
  今後とも世の正義のためにご活躍ください。


当方の返答:H16.4.13
 こんにちは
 当方は自分のできる範囲でやっています。
 無理をすると負担になって続かないからです。
 微力ですが、今後ともよろしく。
 アンコウ

一人オンブズマンコーナーのトップへ